すのこで作る傘立て DIY

すのこで作る傘立て DIY

用意するもの

材料
・桐押入れすのこ(2枚組)幅330×奥行750mm ×1個 ・コウヨウジュ丸棒 910×15mm ×1本 ・杉加工材 1820×120×14mm ×1枚
・キャスター(STC-25)×4個 ・パイプ用脚ゴム(P-5)15mm ×2個 ・ウッディノブ(ローズ WN-2)26mm ×2個

道具
・えんぴつ ・定規 ・万力 ・ノコギリ ・紙やすり ・電動ドリル・ドライバー ・ハンマー ・万能刷毛
・水性ステイン(ダークオーク)・こびょう 長さ16mm ・木ネジ 3.1×13mm ・スリムビス 長さ35mm

STEP1

STEP1

杉加工材にカットする為の線を引きます。

STEP2

STEP2

線にそってノコギリでカットします。大:2枚、小:1枚を切り出します。

STEP3

STEP3

丸棒にカットする為の線を引きます。

STEP4

STEP4

線にそって丸棒をノコギリでカットします。

STEP5

STEP5

スノコのケタを2本目残し、ケタの際をノコギリでカットします。
これでスノコはカットしていないもの(大)が1枚、カットしたもの(小)が1枚づつになります。

STEP6

STEP6

ハンマーを使いカットしたスノコの端材から、板2枚をばらします。

STEP7

STEP7

切り出したスノコの端材2枚を33cmの長さにカットします。

STEP8

STEP8

木材の切断面のバリを取り除くために紙やすりをかけます。

STEP9

STEP9

木材を水性ステインで塗装し乾燥させます。
ドライヤーを使うと乾燥が早くなり時間の短縮になります。

STEP10

STEP10

杉加工材(大)2枚を重ねて、丸棒を通すための穴を電動ドリルであけます。

STEP11

STEP11

杉加工材(小)に傘を立てる為の穴を電動ドリルであけます。
※下に端材などで当て木をする事で、ドリルで貫通した際の板割れを防ぐことが出来ます。

STEP12

STEP12

スノコ(大)と杉加工材(大)2枚をビス止めします。

STEP13

STEP13

底面にSTEP11で作成した傘を立てる穴が開いた板をビス止めします。

STEP14

STEP14

前面部にスノコ(小)をビス止めします。

STEP15

STEP15

スノコからばらした板2枚をスノコ(小)に釘で打ち付けます。
板2枚でSTEP14で打ち込んだビスが隠れるように打ち付けましょう。

STEP16

STEP16

釘で打ち付けた板に電動ドリルで、ウッディノブを取り付ける為の穴をあけます。

STEP17

STEP17

ウッディノブをとりつけます。

STEP18

STEP18

側面の杉加工材(大)に丸棒とパイプ用脚ゴムを取り付けます。

STEP19

STEP19

底面の傘を立てる穴を開けた板に、キャスターを取り付ける為の下穴を開けます。

STEP20

STEP20

キャスターを取り付けます。

STEP21

FINISH

作成時間:約70分
塗料乾燥時間:約20分
完成です。
DIYの超定番すのこを使った作品です。子供用の傘も一緒に可愛く置けちゃうからファミリー層にぴったりのDIYです。
手作りのインテリアでおしゃれな玄関にしてみませんか?

このDIYレシピが気に入ったらシェアしませんか?

Item

こんなアイテムを使って作りました。

オンラインショップで見る

前のページへ戻る

ご注意事項 ※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。