カインズを知る

出店
スタイル

マーケットに対応した出店スタイルで、
多彩な「ららら」を提供する。

カインズの店舗展開の基本は、特定の地域に集中的に出店する「ドミナント戦略」です。 これは、物流・販売コストの削減、競合他社の参入阻止を目指すもので、シェアの獲得に有効な戦略となります。 出店スタイルも、通常店舗から複合型店舗、専門機能特化型店舗、オンラインショップとマーケットに合わせ、選ばれやすい形態を採用しています。 また、新しい事業モデルとしてライフスタイル・セレクトショップ「trouverie(トゥルーベリー)」などの専門店を単独出店。 あえてカインズ店舗から飛び出し、競合と競わせることで、販売ノウハウを蓄積し、競争力を高めています。 さらに今後も関東圏、中京圏を中心に積極展開し、全国に「ららら」をお届けしていく計画です。

複合型店舗

イメージ

CAINZ MALL(カインズモール)

カインズを核店舗とし、グループ企業やグループ外の専門店が集積した、大型ショッピングモール。

イメージ

Su.C(スーパーセンター)

売場面積10,000m2前後。商圏人口、6?10万人を対象。カインズの標準店とベイシアのフードセンターを一体化させた店舗。

ホームセンター

イメージ

SHC(スーパーホームセンター)

売場面積9,000~15,000m2、商圏人口10万人以上を対象。専門機能をすべて併設している店舗。 店舗紹介ムービー

イメージ

HC(ホームセンター)

売場面積6,000~8,000m2、商圏人口は6~10万人を対象。住関連商品を中心に、ベーシックな品揃えが充実した店舗。

専門機能特化型店舗

イメージ

カインズサイクルパーク

自転車専門店。カインズの持つ専門機能を有効に活かした独立店舗。

専門機能特化型店舗

イメージ

カインズオンラインショップ

WEBサイトを通して、生活シーンに密着した商品を提案しています。新着商品、季節の品、セールなど、WEBサイトならではの分かりやすさ、買いやすさにこだわっています。

イメージ

trouverie(トゥルーベリー)

WEBサイトを通して、生活シーンに密着した商品を提案しています。新着商品、季節の品、セールなど、WEBサイトならではの分かりやすさ、買いやすさにこだわっています。