株式会社カインズ 会社情報

社長あいさつ

業界の枠にとらわれず、カインズでしかつくれないビジネスモデルを追及する
カインズは創業以来“For the Customers”を経営理念に、「より良いものをより安く」を追求してまいりました。

2018年度末時点で、店舗数は28都道府県下に217店舗にわたり、暦年の売上は4,000億を達成することができました。これも皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

カインズではお客様一人ひとりの自分らしい暮らしをサポートするため、小売業やホームセンターの枠にとらわれないさまざまな挑戦を続けてきました。

その一つの柱がオリジナル商品を企画・製造・販売するSPA(製造小売)です。デザインや機能など、品質面で高い評価を得た商品が数多く誕生し、小売業では他社に抜きん出て多くの「グッドデザイン賞」を受賞。また、プロダクト部門では世界最高レベルと言われる「レッドドットアワード」や「iFデザイン賞」を受賞するなど、国内外で高い評価を得ております。低価格化を追求してスタートしたオリジナル商品づくりがカインズ独自の価値を創造し、提案できるレベルに達したと自負しております。今後も品質管理を徹底し、SPA企業としてさらなる高みを目指してまいります。

また、カインズならではのライフスタイル提案も大切な柱です。特に、DIYの分野においては、「やってみることすべて」がDIYであると拡大解釈し、商品・売場・ワークショップなどのイベント開催を通してDIYの裾野を広げ、DIYを暮らしの文化として根付かせていくことを使命として取り組んでおります。

一方、テクノロジーの急速な進化などにより、お客様の日常の暮らしやその中でのニーズが劇的に変化しており、弊社の事業も大きな変革を求められています。設立30年という節目を迎えるいま、これらの環境変化を新たな成長ステージへの大きなチャンスと捉え、店舗環境やサービス創造に向けたデジタルイノベーションを推進し、日本を代表するIT小売業となるよう邁進してまいります。

これから先もカインズは商品やサービス、店舗、企業インフラなどすべてにおいて、従来のホームセンター・小売業の概念を超えた新しいビジネスモデルを構築してまいります。

株式会社カインズ 代表取締役社長 高家正行

高家正行

ページTOPへ